カテゴリ:思うコト( 31 )

姿から見えるモノ

数年前、ある料理本で 私の目を心を釘付けにしたのは

豪華なお肉料理でも

カラフルな色彩のサラダでもなく、

皮をむいた茄子の姿でした。



その皮のむき方の美しさ。

料理された方の力量の全てがその茄子に表れているようでした。




同志のような同世代の友人との会話の中で

料理に対する深い話をしていたら

今日になって、ふと この茄子を思い出しました。



今の私が目指したい 一つのカタチです。

レッスンは限られた時間ではありますが、時を重ねる毎に

想いは少しずつ…でも確実に…

伝わっていると感じているこの頃です。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by yasaijikan | 2016-10-14 23:37 | 思うコト | Trackback

まぁるい世界

ネパール(カトマンズ)とベトナム(ハノイ)から来ている

信州大学の留学生との交流会が今夜ありました。

両国とも滞在経験のあるオットは、ネパールは未知の世界の私より

親近感を持って参加していたようです。


交流会では、それそれの方の母国を知ることができるだけでなく

日本で暮らしてみての感想なども伺うことができ、

日本〜松本を客観視することもできるいい機会だったと思います。



歴史的背景や政治経済等、おじさま方のムズカシイ質問が飛び交う中、

私の知りたいことは 専ら“ 食文化 ” について。

いつもながら、なのですが…^^;



コンサートやライブ等、直接会うことでよりファンになっているように

親近感を持つことができたなら、見えない国境をも越えられるのかもしれません。



“食文化” と言うより、もっと身近な毎日の“ごはん” で

親近感を持てる道がありそうな気がしています。



さてさて、私のキッチンは今月、タイ〜ベトナムの香りが♪

その一つは レモングラス。

細かく刻むので大変ではあるけれど、爽やかな香りに包まれて

案外、皆さん楽しんでいらっしゃるようです^^
d0160074_11594489.jpg
aromatherapy☆


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





[PR]
by yasaijikan | 2016-09-22 22:58 | 思うコト | Trackback

贈る

“涙の数だけ強くなれるよ アスファルトに咲く花のように ” と

15年以上前、私達の結婚式の披露宴で、歌をサプライズプレゼントしてくれたのは

初めて私が担任として受け持ったクラスの子供達(高校生)でした。

” 先生と生徒 ” という間柄より、姉妹・姉弟という感じでしたので

” きょうだい喧嘩 ” のようなやりとりも多々あったような気がします。

ちゃんと指導できたか全く自信はありませんが、学年主任の先生から

「掃除」に関して学年一番のクラスだとお褒め頂いたことは

土台の大切にしていることが伝わっていたと思っていいのかな。

そしてただ一つ、私が自信を持って言えることは

女の子も男の子も みんなみんな可愛かった、心から可愛いと思っていたこと。

涙越しに映る5ヶ月ぶりの子供達の突然の登場は

その日一番心に残るシーンとなりました。



この歌は

” 頼りにしてる だけど時には … 泣いてもいいよ付き合うから ”

と続くのですが、この春この歌を思い出し、口ずさみ、励まされました。

そして今、この歌を贈りたい人がいます。



けど、私は歌い手じゃないから、歌の代わりに何が贈れるのかな…

自分らしい贈り物は何だろう…

今はまだ悲しみの中にいる友人、それからお世話になった人たちへ

もっと納得できるものが完成したら贈りたい。
d0160074_2035731.jpg

ちょこっと摘んで口に入れたら、心が軽くなれるような仕上がりを目指して。

もう少し時間がかかってしまうかな…励みます。
[PR]
by yasaijikan | 2016-06-16 23:28 | 思うコト | Trackback

春休み

毎年足を運ぶ度に 少しずつ増えてきた食器やカトラリー。

カンペキとは言えないけれど

作りたいイメージを表現できるようになってきたこの頃。

2月に行われた テーブルウェアフェスティバル2016 の会場で

今年は食器ではなく インテリアに関するものもを選んでいた私。



そんな中、“野菜しい時間” としては珍しい食器が今日届きました。

個性的なその器、冬の終わり頃、地元で見つけ ビビッときちゃったんですよね。

使うイメージは湧いたものの、全体の合わせ方などのイメージは湧かないまま…^ ^;


この器を活かせるメニューやテーブルコーディネートを

明日からの春休み中に考え、イメージを膨らませてみたいと思います。



4月はお料理教室以外のシゴトが増えることや

家族の生活スタイル等から、野菜しい時間としての春休みは4月いっぱい続きます。


いつもお越し下さっている皆様にはお伝えしておりましたが、

新規のお申し込みやお問い合わせを下さった皆様、ご不便をお掛けして申し訳ございません。

と同時に…どうもありがとうございます。



4月に入れば日常が戻る…というか、始まります。

でも、私自身のペースはおそらく緩やかなはず。

その間に、シルバーのカトラリーを磨いたり

娘にリクエストされていたスカートを縫ったり、お花を植えたり…

最近できなかったことをやってみようと思っています。

あと、シゴト抜きの “今 作りたい料理” を。



こんなに間際になった今でも、不安がないと言ったらウソになる。

でも、私のチャレンジを知っていてくれる友人達&家族からエールをもらい、支えにして

明日は朝から行って参ります。

ありがとう。
d0160074_20255485.jpg

あ、これなんだかわかります?

このアングル、初めてパチリしてみました。
[PR]
by yasaijikan | 2016-03-24 21:29 | 思うコト | Trackback

春の枝から

今までやってきたことが良かった、

進む方向が間違っていなかったんだ と

“野菜しい時間” として 力強く思えた出来事が、まだ寒さの残る春先にありました。


世界的に活躍しているフレンチシェフのスープ作りに関するお話を伺っていた時のこと。

いつも私が作っている方法(レッスンでご紹介している方法)マクロのスープと

共通点の多さに驚きました。

直接質問させていただき、更に共感する事が多くて

とても尊敬している方と想いが通じたようで嬉しい驚きでした☆



フランスと松本。

場所はかなり離れているけれど

食材や調理法、そこから生まれる味、

そして食べてくれる人への想いは共通するものなのかもしれません。



その会場に飾られた春の枝に背中を押してもらって…松本へ戻って参りました。
d0160074_17573720.jpg

[PR]
by yasaijikan | 2016-03-06 19:25 | 思うコト | Trackback

 Tsunami violin

「千の音色でつなぐ絆」 ~ Tsunami violin project



東日本大震災で発生した津波の流木からつくられたヴァイオリン。

「被災地復興の旗印となるよう願いを込めて、

魂柱には陸前高田「奇跡の一本松」の木片が用いられ、

裏面にその姿が描かれている」 と伺いました。
d0160074_23361366.jpg

昨年12月、あるクリスマスコンサートで

このヴァイオリンの音色を 演奏者の息遣いが分かるほど間近で聴いた時

明るい照明のもと 娘の隣にいるにもかかわらず 涙が止まりませんでした。


3.11 忘れてはならない日。
[PR]
by yasaijikan | 2015-03-11 00:00 | 思うコト | Trackback

 この春に思うコト

お雛祭りのこの季節、恒例になっている “ 夫の人間ドック ” 。

第一日目を終えた夕方、夫から “ ありがとうメール ” が届きました。

・昨年同様、いろいろな数値がいいとドクターから褒められたこと

・善玉悪玉のコレステロール値も変わらずいいと仰っていただいたこと

・胃の中もきれいだったこと・・・等から

普段の食事の大切さを改めて感じたとありました。

良かった。

普段のごはん作りも、レッスンでご紹介しているメニューにも

今年も大丈夫だったんだ と ちょっと自信を持てた・ホッとした一コマでした。
d0160074_2221273.jpg

食事と健康は密に繋がっていると思います。
それは、皆さんご存知のように 一般的に言われていることはもちろん、
私にとって身近な所では、上記のように毎年の夫の健康診断からの裏付けでも感じています。



料理が好きで、料理に携わるシゴトもさせていだいている私ですが、ただ
誤解を怖れずに申し上げると、健康と食事は完全なるイコールと思っていません。
というのは、私の家族や友人、そして教室に通って下さる生徒様でも
ご存知の方はいらっしゃいますが、
私は左目(瞼)の筋肉のバランスがよくなくて手術をしていることと繋がっています。
(見た目には分からないので、気付かれることはまずないのですが)

何年か前の手術後から、調子が悪い日は午前中動けない日もありました。
手術を後悔したことも、痛みを感じる自分や動けない自分を責めた日も多々あります。

原因がはっきりしているので、動けないのは食生活のせいではないでしょう。
また規則正しい食事を摂ったからと言って
この時の私の体調は根本的に改善されることはありませんでした。

最近少し良くなってきているのは、昨年秋に再度手術をしたからです。
何年も患ったことが、その日の手術を境に少しずつ改善しているのです。
(最善を尽くして、オペをして下さるお医者様のチカラ)
担当ドクターからは、まだ術後3ヶ月の時点で更に再度の手術を提案されたくらいなので
今も完全に良くなっていないし、内心とてもコワいですが・・・
考え方によっては、もっと良くなる可能性があるということ と 前向きに今は受け止めています。
(ようやく、そう思えるようになったところ。)

左目の一件で私が一番得たことは、ひょっとしたら「許すこと」かもしれません。
私、かなり緩くなりました。(今では緩すぎ・・・?!)
でも、そうしなければ その頃、暮らすことなどできなかった・・・
ここでは「食事」の力も大いにあったでしょう。
そして今、緩くいること・ニュートラルな状態(中庸)でいることの大切さを痛感すると同時に
心地良さを感じています。
だからこそ、野菜しい時間の料理教室で、微力かもしれないけど
中庸な食事を中心としたバランスの整え方と、中庸でいることの大切さを
身をもって お伝えできるのかもしれません。



夜の記載はアカンですなー、長くなりました。

何を伝えたいかと言いますと、“ 責めないで ” ということ。

例えば・・・
動けないのは、あなたが悪いわけじゃない。
時間がかかるかもしれない。
でも、心身共にバランスが整ってきたらきっと動きたくなるから。

愛しい人のことだと自分のことより もっと辛いかもしれない・・・
沢山沢山泣いて、その後は
光を見つめて 信じていてほしい・・・


今日は大切な友人へ、そして
どこか痛みを抱えている方へのメッセージとして、内側のことを綴ってみました。
d0160074_2215491.jpg

明日3月3日は お雛祭りですね。

今年はお内裏様とお雛様の前で、小さな二人も並んでいます。
[PR]
by yasaijikan | 2015-03-02 23:19 | 思うコト | Trackback

 リ・フレッシュ

今週は、お世話になっている職場で
大きな大きなイベントが開催されました。

早朝、最低限の家事を済ませ
エプロンでも 白衣でもなく、黒スーツを着て
家族に見送られながら タクシーに乗り込み、駅前の会場へ向かい
暗い中、またタクシーでの帰宅。
非日常な生活スタイルを送った数日間でした。


小さなお手伝いといえども、
緊張感が走る 千人近く集まる会場では
“ 陽 ” の状態が続いていたためでしょうか、
無意識のうちに、バランスをとろうとしていたようです。

帰宅後は リンゴや柿や梨などの フレッシュなフルーツを頬張りました(笑)
そして 何より、糠漬にしてあった蕪の美味しかったこと!
生で水分のある やや陰性よりの食材がとても美味しく感じられたのです。




また今日は、娘がお世話になっている小学校の音楽会で
各クラス、個性的な発表に 心から リフレッシュ☆
音を楽しませていただきました♪



そして、明日からは レッスンモードに戻り、
皆さんと “ 中庸なごはん ” を作っていきたいと思います。

ご一緒させていただく皆様、どうぞよろしくお願い致します☆
d0160074_23275285.jpg

[PR]
by yasaijikan | 2013-10-26 23:17 | 思うコト | Trackback

 ワイドパンツ

ファッション誌ではない ある誌面で

リネン 100% の ワイドパンツを見かけたのは、夏の初めのこと。

色は黒。

なんだか とてもかっこよかった。


それ以来、そのブランドのリネンのワイドパンツが気になって

普段 ネット検索など滅多にしない私だけど、調べることに。



残念ながら、もう同じものの取り扱いはないとのこと。

それでも、そこのワイドパンツを注文してみた。


あまり背の高くない私でも、裾上げすることなく そのまま穿けたことが嬉しく

この夏 よく穿いた。


ただ、 『 黒 』 に似てるけど 黒じゃない・・・。

ニュアンスも違う。。。



それならば(!?)と、夏休みには

黒色の100% リネン の生地から

ワイドパンツ作りに挑戦してみることにしたチャレンジャーな私。


失敗覚悟でミシンを走らせた1枚目:薄いブルー系は

私にしては良くやったと思うけど、かなりワイド。。。


反省点を活かそうと頑張った2枚目:本番の黒リネンも

まだまだワイド過ぎる。。。



それでも 慣れてくると楽しく、かかる時間も短くなった。

「それぞれの素材(個) を 形(完成形) にしていく」・・・料理と共通点を感じる。




3度目の正直、とばかりの3枚目。

今度は型紙を大幅に変えてみた。

が・・・、まだ若干大きい、気がする・・・


ナチュラル・天然素材や大きいものを “ かっこよく ” 着るって

かなりハードルが高いなぁ。



かっこよく 着こなせるとは思えないけど、

完成したワイド過ぎるこれらのワイドパンツを

せっかくなので暫くの間、楽しみたいと思います。


いつか、自分にしっくりくる形と素材のワイドパンツを 

作り上げてみたいものです。


レッスンの時、エプロンの下に

違和感なく サラリと穿いていられるように。



そしてこの秋、4枚目に挑戦しようと思っているところです。
[PR]
by yasaijikan | 2013-09-06 23:02 | 思うコト | Trackback

 7th

この辺は8月20日頃から新学期が始まっているものの、

小学生として 初めての長い夏休みを満喫した8月、娘は7歳になりました。


真夏の娘の誕生日を目安に、毎年 海へ出掛けていた私たちですが、

ベリーの妹としてやんちゃな 家族が増えた我が家にとって 遠出は許されず、

「何をして過ごしたい?」の質問に 「プールへいきたい!」と答え、

「何を食べたい?」の質問には 「エビグラタンとケーキがたべたい」 と答えた娘でした。



どれも 叶って嬉しそうな娘でしたが、夏なのに、アツアツの “ グラタン ” とは・・・^^; 



イチゴの季節ではないけれど

桃を中にも沢山サンドして お誕生日のケーキを作りました。
d0160074_1721875.jpg

基本になるケーキを一つ覚えておくと、その季節のフルーツでアレンジできます。

もう少ししたら、地元の栗で モンブランを作る予定。

自然の恵み、ホントに有難いです☆



それから この夏、私たちフウフは 14歳になりました。

10年以上経つ今も、この季節になると 挙式した教会のこと、軽井沢の緑、

涙と笑顔の家族・友人のことを思い出します。

いつも忘れている “ 初心 ” を思い返したり(笑)




真夏の思い出をいっぱい詰めて、明日から9月、少しずつ秋へ向かっていきます。

子供の頃、秋になることが淋しくて仕方なかったけれど、

いつ頃からだったか、秋を楽しめるようになりました。



“ 運動・芸術・食欲 ”・・・と、いろんな秋がありますが、

少し落ち着いて過ごしたいと思う 今年の秋です。
[PR]
by yasaijikan | 2013-08-31 22:52 | 思うコト | Trackback


優しい風と 暮らしの recipe


by yasaijikan

HP

カテゴリ

全体
旬菜&玄米料理教室
☆料理教室のご案内☆
植物のチカラ
旬菜
優しい時間
手作りの
スイーツレッスン
お菓子な時間
ごはん
プラスの影響
スタート
キッチンツール
思いがけず↗
natural sweets
思うコト
ホームページ
異国にて
未分類

最新の記事

ジューンベリーの白い花
at 2017-04-22 10:13
今年の春
at 2017-04-12 23:07
パニーニで朝ごはん
at 2017-03-31 10:26
桜餅
at 2017-03-26 11:26
春をお重箱に詰めて
at 2017-03-24 11:30
眠りと祈り
at 2017-03-10 22:53
オニオングラタンスープ〜この..
at 2017-03-06 20:46
桃の節句
at 2017-03-04 09:58

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

検索

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30