カテゴリ:ごはん( 115 )

丸なす×押し麦のホワイトソース

d0160074_1635787.jpg

先日 “ 丸ナス ” をいただいたので、
ナスのラザニアを作ろうと思っていて・・・
大きな断面を活かそう!と思い立ち、
これ ↑ になりました。

ナスのステーキに、
豆乳ベース・押し麦のホワイトソースをかけていただきます。
スポンジのように油を吸ってしまうナスですが、
下処理をしてから、最小限のオリーブオイルで蒸し焼きに。
皮も柔らかく焼き上がりました♪

食物繊維が豊富の押し麦、ごはんと合わせて炊くことが多いけれど、
存在感があり 具材の一つとしても楽しめます。
ソースにチーズを入れようか すごーく迷いましたが、
全て植物性食材、マクロアレンジです。

満足の出来☆
秋には、このソースをもう少し緩めに作り
グラタンに変身!です。
[PR]
by yasaijikan | 2010-08-28 16:27 | ごはん | Trackback

糠とキュウリと雀

キュウリが美味しい季節、ウチでは一年で最も糠床が重宝します。
糠床歴は3年、詳しいとは言えませんが、
育て方と手抜きをしても大丈夫な方法がわかってきました(笑)。

平日の朝、私の一番のシゴトは “精米” ですが、
すり立てのお米と共に、新鮮な糠もとれます。
d0160074_6174633.jpg

↑キュウリの右側の薄い色のものがとれたての糠。
これを全体に混ぜるのですが、
野菜から出る水分より、
毎日追加されていく糠の割合の方が多いらしく、
この糠床はややパサツキ気味なのが困りもの・・・。
(4月にはタケノコを茹でるとき、重宝しました。)
そんなときは、糠を庭にまくことに。
糠漬は乳酸菌が摂れる発酵食品」と言われていますが、
糠は土にとっても肥料になるそうです。
いつか土に還って、優しい土になってくれるといいなぁと思っています。
が・・・、かわいいお客様を発見!
糠の中にすこーし混ざっている お米 を見つけたのでしょう、
時々 “スズメ”ちゃんが遊びに来るようになりました~♪
[PR]
by yasaijikan | 2010-07-03 06:54 | ごはん | Trackback

朝一番のシゴト・・・

d0160074_9421475.jpg

朝起きて、一日の始まりに 私が最初にやることは・・・「精米」です。
夫と娘のお弁当用のごはん(お米)を「する」ことからスタート。
その “ゴォ~” っという音を聞きながら、
寝ぼけた頭のまま リビングのカーテンを開けます。

手前↑の茶色のお米が「玄米」、奥の白っぽい方が精米したての3分つきのもの。
・3分(ぶ)つきとは・・・玄米の「胚芽・米ぬか層」を30%取り除いたお米のこと。
(なので、70%胚芽・米ぬか層が残っている ことになります。)

ウチの小型精米機はの15段階にわけられるタイプのもので、
1分つき(90%残る:玄米に近い)ができるところが決め手のポイントでした☆

最近は「酵素玄米」を取り入れていますが、
もう何年も前から夕食は フィスラーの圧力鍋で炊いた玄米をいただいています。
圧力鍋で炊くと、モチモチ・プチプチしていてとても美味しいです♪
でも、娘の食事を考えた時、
消化と栄養の両面から「分つき米」を取り入れることにしたのです。
生命力があり 「一物全体」をいただける玄米は素晴らしいけれど、
しっかり噛む必要があり、それができないと消化に負担がかかります。

玄米と比べて 分つき米の良いところは
 浸水時間&加圧時間(分つき米も 圧力鍋で炊いています)が短いところ、
 そして消化がよいとこでしょうか。

保育園では給食を用意して下さるので「白いごはん」を持参します。
白米より少し茶色のごはんですが、
それでも 娘は「しろいごはん♪」と喜んで持っていき、 
帰宅後 空になったお弁当箱を 毎日嬉しそうに見せてくれます。
[PR]
by yasaijikan | 2010-06-08 10:54 | ごはん | Trackback

カボチャのマクロポタージュ → ドリア

d0160074_10305681.jpg


カニさんのグラタン皿に、
玄米&カボチャのポタージュをベースにしたドリアを昨日ランチに作りました。

カボチャのポタージュは乳製品・動物性食材・添加物不使用です。
私のマクロビオティックメニューの中でも
これは特にみんなに評判がよく、私自身も大好きなスープ♪

数年前は
「バターもコンソメも牛乳も生クリームも使わないで美味しくなるわけないよー」
と 思っていた私・・・。
今では、自信をもって「大丈夫よ♪」と言えます☆
 (ちなみに カボチャが得意ではない夫もこれはO.K.なんです)

それをベースに変身させました。
残ったものは なるべく違うカタチにして 
次の食卓に活かせるといいなぁと思います。

耐熱皿の下面に玄米ごはんを敷いて(そこに少量の塩味をつけて)、
前の晩の残りのポタージュに濃度をつたものをかけて、
チーズをのせて、オーブン又はトースターで加熱する。
チーズを豆腐チーズにすれば、マクロドリアになります。
一般的に、耐熱皿にバターを塗りつけますが、
一度水に潜らせると お皿にごはんがくっつきにくくなるのでおススメです。

元気はあるものの、風邪をひいて昨日保育園をお休みした娘も
「ママ、ごはんあつまれ~して」といいながら
「しろいカニさん」のお皿のドリアを一粒も残さず食べ
今日は元気に登園しています☆
[PR]
by yasaijikan | 2010-05-20 11:08 | ごはん | Trackback

酵素玄米

d0160074_12285923.jpg


昨年秋から 我が家で取り入れている「酵素玄米」。
これを炊く日はちょっと準備が必要。
浄水器ではなく浄水ポットを使っているため、
玄米を研ぐ(洗う)には、塩素の入っていないお水が追いつかない。
車で3分ほどの井戸まで水を汲みに行くところから始まる。

手前が炊きたてのごはん、奥のものが3日間ほど寝かせたもの。
日ごとに色が濃くなってくる。

(ちなみに、手前は娘の3歳9カ月のお誕生日の記念に選んだお茶碗。
 そろそろ大丈夫かなぁ~と
 つい先日から、“セトモノ”のお茶碗になりました。)

3日目~7日目くらいが美味しい食べごろと言われているけど、
娘は「ピンクのごはん~♪」と
炊きたて(初日)のごはんが好きな様子。
それでも、消化は3日目以降のものがいいんだろうなぁ。
[PR]
by yasaijikan | 2010-05-17 13:20 | ごはん | Trackback


優しい風と 暮らしの recipe


by yasaijikan

HP

カテゴリ

全体
旬菜&玄米料理教室
☆料理教室のご案内☆
植物のチカラ
旬菜
優しい時間
手作りの
スイーツレッスン
お菓子な時間
ごはん
プラスの影響
スタート
キッチンツール
思いがけず↗
natural sweets
思うコト
ホームページ
異国にて
未分類

最新の記事

夏の涼
at 2017-08-06 18:44
夏の休み
at 2017-07-17 21:32
涼やかに
at 2017-07-15 20:14
梅 × 鰯
at 2017-07-15 17:42
きょうのおやつ
at 2017-07-13 17:00
夏のおとも
at 2017-07-11 08:30
丸ごと一個の
at 2017-07-05 18:01
ギョ☆ギョ☆ギョ
at 2017-06-28 20:17

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

検索

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31