カボチャのマクロポタージュ → ドリア

d0160074_10305681.jpg


カニさんのグラタン皿に、
玄米&カボチャのポタージュをベースにしたドリアを昨日ランチに作りました。

カボチャのポタージュは乳製品・動物性食材・添加物不使用です。
私のマクロビオティックメニューの中でも
これは特にみんなに評判がよく、私自身も大好きなスープ♪

数年前は
「バターもコンソメも牛乳も生クリームも使わないで美味しくなるわけないよー」
と 思っていた私・・・。
今では、自信をもって「大丈夫よ♪」と言えます☆
 (ちなみに カボチャが得意ではない夫もこれはO.K.なんです)

それをベースに変身させました。
残ったものは なるべく違うカタチにして 
次の食卓に活かせるといいなぁと思います。

耐熱皿の下面に玄米ごはんを敷いて(そこに少量の塩味をつけて)、
前の晩の残りのポタージュに濃度をつたものをかけて、
チーズをのせて、オーブン又はトースターで加熱する。
チーズを豆腐チーズにすれば、マクロドリアになります。
一般的に、耐熱皿にバターを塗りつけますが、
一度水に潜らせると お皿にごはんがくっつきにくくなるのでおススメです。

元気はあるものの、風邪をひいて昨日保育園をお休みした娘も
「ママ、ごはんあつまれ~して」といいながら
「しろいカニさん」のお皿のドリアを一粒も残さず食べ
今日は元気に登園しています☆
[PR]
# by yasaijikan | 2010-05-20 11:08 | ごはん | Trackback

5月の 旬菜&玄米ごはんアレンジの料理教室☆

来週、
「旬菜と玄米ごはん」を取り入れた料理教室が2クラス自宅であります056.gif

この時季 無性に食べたくなるのが
“アスパラ”と“カツオ”なので (個人的にですが… ^-^;)、
旬のアスパラとカツオのメニューを中心に考えました。

  ・「カツオのエスニック風 玄米丼」
  ・「アスパラガスの豚肉巻き 生姜ソース」
  ・「春雨サラダ  マクロビオティックアレンジ」
  ・「豆腐白玉のお吸い物  マクロビオティックアレンジ」
 
 を予定しています。

その他
  ・アスパラガスの白和え 
  ・黒ゴマのムース(デザート)
 を事前に用意しておきますね♪

動物性のものが2種類あるので、
陰性と陽性のバランスを崩しにくく、
また消化を助ける付け合わせも紹介します。

もう何回かご一緒させていただいている方と、
初めてみえる方もいらっしゃるので少しドキドキしますが、
みんなで楽しく作り、
美味しくテーブルを囲めることを願ってお待ちしています072.gif

d0160074_12115146.jpg

[PR]
# by yasaijikan | 2010-05-19 12:31 | 旬菜&玄米料理教室 | Trackback

酵素玄米

d0160074_12285923.jpg


昨年秋から 我が家で取り入れている「酵素玄米」。
これを炊く日はちょっと準備が必要。
浄水器ではなく浄水ポットを使っているため、
玄米を研ぐ(洗う)には、塩素の入っていないお水が追いつかない。
車で3分ほどの井戸まで水を汲みに行くところから始まる。

手前が炊きたてのごはん、奥のものが3日間ほど寝かせたもの。
日ごとに色が濃くなってくる。

(ちなみに、手前は娘の3歳9カ月のお誕生日の記念に選んだお茶碗。
 そろそろ大丈夫かなぁ~と
 つい先日から、“セトモノ”のお茶碗になりました。)

3日目~7日目くらいが美味しい食べごろと言われているけど、
娘は「ピンクのごはん~♪」と
炊きたて(初日)のごはんが好きな様子。
それでも、消化は3日目以降のものがいいんだろうなぁ。
[PR]
# by yasaijikan | 2010-05-17 13:20 | ごはん | Trackback

5月の黄色×緑

d0160074_16304770.jpg


娘が生まれる前 5月のGWには
伊賀の “長谷園” 焼き物祭りに出かけるのが恒例になっていた。
ここから距離はあるけど、
焼き物好きの私たちにとって 楽しみなイベントだった。
そこで出逢ったある陶芸家の方の食器を
何年かにかけて 一通り揃えた。
夕ご飯の時 専用のお茶碗は
毎晩使うものだから 
一日の終わり 手にとったとき ホッとするものがいいなぁ
という願いを込めて 5年ほど前 選んだことを覚えている。
そして今でも、その感覚を忘れずに 使わせてもらっている。
・・・? 少なくとも私はそうだけど・・・夫はどうなんだろう…??

さて、↑ の写真は
そのお祭りの一角で販売されていた宿根の植物です。
「真冬は-10℃くらいまで冷えますが、耐寒性はありますか?」
との私の質問に、
「そこまで無理だと思うよ~」と言われ
迷ったけど、ダメもと の思いで連れて帰ってきたものです。
“ユーホルビア” に似ているけど、何て名前だっけ?

あれから何年も経った今年も 元気にキレイに咲いています。
[PR]
# by yasaijikan | 2010-05-15 17:13 | 植物のチカラ | Trackback

イチゴ

d0160074_9144387.jpg
d0160074_9152074.jpg


昨日、友達へのお土産用に 苺のソースを作った。
材料はとてもシンプル。
苺と甜菜糖とレモン。
苺の味によって、砂糖とレモンは加減。
有機レモン果汁があったので、それを入れた。

彼女は「ヨーグルトにかけて食べるわ~」と喜んでくれた♪
昼食用にパンを焼いた私は パンにのせて☆
全粒粉と岩手県産無漂白強力粉がベースの
少し茶色いパンに、
クランベリーとオーガニックレーズンの ドライフルーツを入れて焼いた。
というか、セットして HBに焼いてもらった。

加熱すると、沢山あった苺も少しになってしまうのは残念だけど、
手作りの苺ソースは 色がとっても鮮やか072.gif
また、煮ている時の香りがいい♪
家中、甘酸っぱい苺の香りに包まれて 幸せなヒトトキだった~。
そして、香りによって 子供のころにタイムスリップ。
実家の裏庭で苺が採れる季節になると、
母がよく苺ジャムを作っていたなぁ~と
その頃のことが一気によみがえった。
香りって記憶と関係深い気がする。
[PR]
# by yasaijikan | 2010-05-14 09:57 | 手作りの | Trackback


優しい風と 暮らしの recipe


by yasaijikan

HP

カテゴリ

全体
旬菜&玄米料理教室
☆料理教室のご案内☆
植物のチカラ
旬菜
優しい時間
手作りの
スイーツレッスン
お菓子な時間
ごはん
プラスの影響
スタート
キッチンツール
思いがけず↗
natural sweets
思うコト
ホームページ
異国にて
未分類

最新の記事

ギョ☆ギョ☆ギョ
at 2017-06-28 20:17
i ro do ri
at 2017-06-27 17:39
ささやかな
at 2017-06-20 23:04
二度あることは四度もあった
at 2017-06-18 08:49
2バージョン
at 2017-06-15 17:04
きょうのわんこ たち
at 2017-06-14 09:47
そういえば・・・
at 2017-06-02 20:32
2017年5月
at 2017-05-21 19:24

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

検索

タグ

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30